ギャンブルの未来

現在の社会状況にもかかわらず、ゲームビジネスは予想外に好調です。パンデミックが発生し、オンラインギャンブル業界の収益は急激に伸びました。ロックダウンによって実店舗カジノが一時的に営業停止を余儀なくされたことも、オンラインギャンブルにとっての追い風となりました。

昨年のギャンブルビジネスの全世界での売り上げは4650億ドルに達しましたが、テクノロジーの進歩と共に、この数字は今後さらに伸びていくと見られています。

オンラインギャンブル業界

ギャンブル業界は、主に3つに分類することができます。実店舗カジノ、地下またはブラックマーケット、そしてオンラインギャンブルです。オンラインゲームビジネスは2019年の段階で約540億ドル規模だったとされています。年平均の成長率が11.5%なので、2027年には1270億ドルに達する見込みです。

またテクノロジーの進歩により、オンラインゲームの体験がこれまでになく改善されました。さらに、テクノロジーのおかげで、安全性もかなり向上しています。そのため、オンラインでのショッピングやギャンブルを行う人の数も増えています。

未来を形作るオンラインギャンブルのトレンド

クリエイティビティと開発という点において、ギャンブルとテクノロジーは密接に関わっています。オンラインギャンブルの人気が高まる中で、快適なユーザー体験に対する期待も高まっています。今回は、ゲーム業界の今後を定義する最新のギャンブル業界事情をご紹介します。

リアルタイムでのギャンブル

多くのオンラインギャンブラーたちが、ライブディーラーゲームやリアルタイムでのベッティングを好むようになっています。カジノで人気のブラックジャック、ポーカー、ルーレットなども、ライブディーラーが運営するゲームに変わってきています。オンラインプレイヤーはバーチャルテーブルを囲み、ライブディーラーを相手に対話ができます。また、プレイヤー同士のコミュニケーションが可能な場合もあります。

インゲームベッティングやインプレイベッティングとして知られるライブベッティングは、多くのベッターの間で人気です。これはライブで試合を見ながらお金を賭けることができるものです。ライブベッティングでのオッズは通常数秒間しか表示されないため、ベッティングアプリを利用すると便利です。人々はよりエキサイティングでリアルなオンライン体験を求めて、ライブギャンブルに参加しているのです。

暗号資産を使ったギャンブル

暗号資産ゲーミングはまだ誕生したばかりですが、その高い価値から人気を高めています。ビットコイン、ドージコイン、カルダノをはじめ多くの暗号資産の価値が高まっている中で、オンラインでの取引に暗号資産を利用する人も増え始めています。

ゲーム業界は新しい状況に適応するのが早く、多くのオンラインカジノやベッティングサイトがビットコインでの取引に対応するようになりました。オンラインビジネス、特にオンラインゲーミングの分野において、将来的に暗号資産が利用できるようになるのを多くの人が期待しています。様々なゲーミングサイトが個別に暗号資産に対応し始めているので、全くありえないことではないでしょう。

ウェアラブルデバイスを使ったギャンブル

現在モバイルと言えば、すぐに思い浮かぶのがスマートフォンですが、それが今後は変わっていくかもしれません。スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスもより洗練されてきており、それらを利用してギャンブルが行えるようにもなってきています。これが今後のゲーム業界における大きなトレンドになる可能性も十分にあるでしょう。